FFBE幻影戦争 バトルについて(公式情報)

システム
スポンサーリンク

バトルについて、以下公式サイトで公開されている情報になります。

バトル設定

出撃前の編成画面やバトル中のメニュー「オプション」より、バトル設定ができます。

■item

枠をタップすることで、最大で5枠までバトル中に使用するアイテムを選択できます。
アイテム装備画面に表示されているアイテムアイコンを長押しすることで、アイテム詳細が表示されます。
※出撃時の編成画面でのみ設定可能です。

■初期配置

ONにすることで、出撃時の初期配置の変更が可能となります。
※出撃前の編成画面でのみ設定できます。

■オートバトル

オートバトル機能をONにすることで、自動でバトルが進行します。
また、オートバトル時の宝箱優先、アビリティ使用のON/OFFの設定が可能です。
※アビリティ使用がOFFの場合でも、リアクションアビリティは発動します。

■倍速機能

Royal Rankを上げることで1.5倍速、2倍速でのバトルが可能です。

■アビリティ演出

OFFにすることでアビリティ使用時の演出をカットできます。

■サウンド

BGM、SE、VOICEの音量調節ができます。

属性相性

ユニットは、火、氷、風、土、雷、水、光、闇の8つの「属性」を持っており、属性によって有利不利があります。

8つの属性の有利不利の関係については、以下となっております。

アビリティでの攻撃時に有利属性であれば「↑Weak」、不利属性であれば「↓Resist」が表示されます。
また、ユニットには属性耐性があり、ダメージ量に影響します。
耐性が高い属性の攻撃ではダメージが低く、耐性が低い属性の攻撃ではダメージが高くなります。

属性相性は、攻撃時のダメージ予測表示の画面や「MAP」ボタンをタップすることで確認できます。

マップ

■マップ効果・地形効果

一部のクエストやパネルには、特殊効果があります。

マップ効果例:
土属性ユニット攻撃50%アップ、人系ユニット攻撃50%ダウンなど。

地形効果例(パネル効果例):
移動コストが高くなる、毒になる、命中率が低下するなど。

■マップ変化

特定の条件を満たすことで、マップに変化が発生する場合があります。

例:
スイッチを踏むことで、橋が壊れて通行不可になる。
同時に川がせき止められたことで水位が上昇し、水没したユニットは出撃中のバトルから離脱します。

■マップ確認・視点切替

バトル中に画面下部のボタンをタップすることで、下記の操作が可能です。

視点の変更

画面下部の矢印ボタンをタップすることで、左右の視点変更が可能です。
また、目の箇所をタップしたままスワイプ操作を行うことでも、視点変更が可能です。

視点の切り替え

画面左下の目のマークのボタンをタップすることで、
近距離・遠距離・俯瞰(上から見る)の3段階で視点の切り替えが可能です。

行動範囲の表示

画面左下のMAPボタンをタップすることで、
他ユニットの行動範囲の表示や詳細情報の確認が可能です。

戦闘不能/蘇生/離脱

HPが0になったユニットは戦闘不能になり、カウントが表示されます。
カウントが0になったユニットは蘇生できなくなり、出撃中のバトルから離脱します。

戦闘不能ユニットは、アビリティ「レイズ」やアイテム「フェニックスの尾」により蘇生可能です。

クリスタル

戦闘不能ユニットのカウントが0になり離脱すると 、 クリスタルに変化します。
クリスタルを取ることでHPやTP回復効果を得ることができます。

敵もクリスタルを取ることができるので、早めに獲得しましょう。

チェイン

同一の敵ユニットに対して、同じ攻撃を行うことでチェインが発生します。
同じ攻撃を繰り返すことでチェイン数が増加し、与えるダメージがアップします。

チェインには2種類あり、同時に発生させることができます。

■チェイン

同じ攻撃タイプで攻撃を行うことで発生します。
敵のターンがくるか、別の攻撃タイプで攻撃するとチェイン終了となります。

■エレメントチェイン

同属性アビリティによる攻撃を行うことで発生します。
敵のターンがくるか、別の属性で攻撃するとチェイン終了となります。

Killer表示

キラーは特定のユニットタイプに対してダメージがアップする効果です。
キラー効果が発生する攻撃時は、「Killer」の表示が出ます。

■キラー効果のあるアビリティ例
獣殺刃:対象にダメージ(中)&獣キラー

詠唱アビリティのユニットとパネル選択

詠唱アビリティは、ユニット指定かパネル指定かを選択することができます。
ユニット指定は、選択した対象ユニットに対してアビリティを発動します。
アビリティ発動前に対象が移動しても、対象を中心に効果が発動します。

パネル指定は、選択したパネルに対してアビリティを発動します。
詠唱中にユニットが指定パネル範囲外へ移動すると、アビリティ効果の対象外となります。

高低差と曲射攻撃

弓での攻撃などの曲射の攻撃では、高い位置から低い位置を攻撃する場合はより遠くまで攻撃が可能です。
逆に低い位置から高い位置を攻撃する場合は、射程範囲が短くなります。
※高低差±2で射程が±1変化します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました